プラダ 財布

プラダ 財布お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

プラダ 財布

このページは「プラダの映画といえば 」の情報コンテンツです。
プラダ 財布 > プラダの映画といえば

豆知識

プラダの映画といえば?

元々知名度は高かったプラダですが、大きな宣伝効果にもなったプラダの映画といえば?そう!「プラダを着た悪魔」。ブランド物で着飾るようなファッションに興味がなかった主人公が、ファッション雑誌の編集長のアシスタントへ就職!しかし、その編集長は業界屈指の実力を持ちながらも横暴でムチャばかりを注文するとんでもない上司。そんな主人公と編集長、更には主人公の恋人やもう一人のアシスタントなど周りの人々との関係も交えながら、成長する主人公の姿を描かれた映画ですね!

主人公を演じるアンハサウェイは非常に魅力的で、編集長演じるメリルストリープは最初は冷たい悪魔の印象だったのが、映画を通じてその人間性や強くあろうとする意志・努力が垣間見えて見ごたえのある映画でしたね!(私はクレイマークレイマーの頃からメリルストリープのファンですが、この映画は本当によかった!)

原題「THE DEVILE WEARS PRADA」

さて、「プラダを着た悪魔」という邦題から、多くの方は横暴な編集長が悪魔であり、主人公に対して様々な要求を重ねていくと思っていらっしゃいます。それも一つの見方ですが、海外の映画には本来「原題」と呼ばれる元々のタイトルがあります。プラダを着た悪魔の場合は、「THE DEVILE WEARS PRADA」。プラダを着ている悪魔ではなく、「悪魔はプラダを着る」ということで、この意味から考えると元々ファッションに興味が無かった主人公が徐々にその業界に染まって行ってプラダを着るようになった。つまり、業界(ファッションという女性を魅了する悪魔)に染まった主人公を悪魔とするような見方もできます。

また、ファッションに興味のなかった主人公が着飾ってキレイになることに目醒め、仕事に打ち込み、友人や恋人を失いかけてしまう面から「ファッション」そのものを悪魔とするような見方もできますね。映画の中ではさまざまなブランドが出てきますが、タイトルに「プラダ」と使われたことで、プラダ自身は大変な広告になったでしょうね!

プラダ 財布 激安通販